運搬作業ができない人

負担を軽減できる

回収場所に家具を持って行くのは、面倒だと感じる人は不用品回収業者に依頼しましょう。
不用品回収業者は行政と異なり、自宅まで来てくれます。
ですから、こちらは何もしなくて大丈夫です。
邪魔にならないところで待っていてください。
どれを処分したいのかだけ、事前にきちんと伝えておきましょう。
必要な家具も近くにあったら、一緒に持って行かれる危険性があります。

近くで作業を見学して、運んでほしい家具を直接伝えると間違えることはないでしょう。
不用品回収業者が自宅の位置を理解していないと、辿りつけないので困ります。
住所を正確に伝えて、わかりにくい位置に自宅があるなら目印を教えてください。
少し大きい道路まで、迎えに行くのもいい方法です。

作業時間を短縮するために

不用品回収業者が来て、すぐ家具をトラックに詰め込めるよう玄関まで家具を持って来てもいいですね。
力に自信があるなら、玄関まででもいいので運んでください。
まとめていれば、処分したい家具だということがすぐに伝わります。
必要な家具まで持って行かれることもありません。
力に自信がある人は、運搬作業を手伝ってもいいと思います。

無理に手伝わなくてもいいですが、人手は多い方が早く作業が進みます。
スタッフの邪魔をしないよう、協力してください。
事前にどのくらいの家具があるのか、伝えることも大切です。
適当に伝えると、小さいトラックで少ないスタッフしか来ません。
スタッフの人数が少ないと、すべての家具を積み終えるまで時間がかかります。



TOP